初心者YouTube体験談

YouTubeを始めて1カ月で感じた事

「文章を書くよりも、話すことの方が得意なのでYouTubeやってみたら面白いかな?」

と言う、軽い気持ちでYouTubeを始めました。

ブログもまだまだ初心者なのにYouTubeなんて初めても大丈夫か?

と自分の中で悩みましたが、とりあえずやってみようと思い始めてみると面白い発見が

たくさんあり、皆様にもお伝えしたと思いこの記事を書いてみました!

 

私達夫婦でやっているのは

①ラジオ番組

②どうぶつの森のゲーム実況

この2つです!

 

ネットで調べれば何でもできる!

いやぁ、本当にこれには驚きました。

自分に調べる能力さえあれば、何も問題ありません。今すぐにでもYouTubeは始められます。

 

パソコンが無くても、スマホの動画でできてしまいます。

 

ゲーム実況の機材には数万円の機材を買わなくてはなりませんが、

買ってしまえばずっとできます!

 

動画の編集ソフトも無料でほとんどの編集ができるAviUtlと言う便利ソフトがあります!

 

なんかよくわからないセミナーなどに通う必要性はありません。

一度調べてやってみるとわかります。

 

ブログよりも見てくれる人がいる

本よりも動画の方が聞き流しができ、

楽であることから圧倒的にブログよりも見てくれる人数が多いです。

そして、なぜか妻の声だけのゲーム実況動画が人気です・・・

まぁ、男の声って聞き流していても癒されないですしね・・・

 

しかし、再生されているのを可視化されているのでとてもモチベーションが上がります!

 

流石に、万単位の再生数まではいかないですが続けて行こうと思えます。

 

良く、YouTubeを見ていると、

「高評価、コメントよろしくお願いします!」

と最後に言いますが、あれは本当に大事です。

自分でYouTubeを始めるようになってから、コメントと高評価は押すようにしています!

 

なぜなら、再生されているよりも見てくれていると言う実感が湧いてくるからです☆

 

どんなコメントでもいいのです、低評価でも問題ありません。

私は見ましたよって言う証拠が欲しいのです・・・

 

やっぱりヒカキンさんは凄い・・・

ブログでも痛感しましたが、やはりヒカキンさんの動画は別格です!プロは凄い!

 

有名人のYouTubeはあまり見ていて参考になりません。

何故ならあの人達は、もうすでにTVでの知名度があるので再生数なんてすぐ伸びます。

動画の編集だって、プロの編集者に任せています。そりゃ凄いに決まっています。

 

しかし、ヒカキンさんは全て自分の手で編集を行っています。

はっきり言って、凄すぎて参考になるところがありすぎて迷うくらいです。

 

私も、一カ月動画編集をやっていると、慣れてきて、慣れてきたらまた新しい操作を覚える

と言う積み上げを繰り返し、一般の人よりは早く動画編集ができるようになりました。

 

少しずつ、ヒカキンさんのような聞いてても、見ていても面白い動画目指していきたいです!

 

エガチャンネルはずるい・・・面白すぎるもん・・・

 

本業でも使える知識が豊富

動画編集って意外にできる人少ないんですよね・・・

 

私は、結婚式のプロフィールムービーを作成したことがあり

動画編集に関しては独学で多少の知識がありました。

 

そのため、自分のプロジェクトのプレゼンテーションをする際に、

ただ、文章の書いてある画像を映すだけでなく、

自分で実際に行動して出した結果は、動画にして説明するようにしています。

 

すると不思議なもので、文章だけのスライドよりも、意見が飛んできて、

わかりやすいと褒められます!

なかなか通らないプロジェクトでも、すんなり通ってしまう事もありました。

 

最後に・・・

YouTube悪い所を一つだけお伝えします。

収益化するまでの道のりが長すぎる・・・

 

『再生時間4000時間、チャンネル登録者数1000人以上』

 

いやぁ・・・これいつから決まったんですかね・・・

非常に厳しい条件です。

しかし、これくらい厳しくないと、違法に収益をもらう人が出てきてしまうため

仕方ないのでしょう。

 

まだまだ未熟ですが、毎日更新を続けております!

ブログと一緒に、もしお時間があれば軽く流して聞いてみてください!

 

リンク張っときます↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCGXdD2dkHDUm_FKexZIyDaQ/

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・