無期雇用派遣について

何故無期雇用派遣の印象は悪いのか

どうも!seiseiです。

このブログを見に来てくれている中には、

無期雇用派遣ってどうなんだろうと調べて来てくれた人がほとんどだと思います。

まだまだ、小さなブログなのでかなり深くまで潜り込まないと見つけられませんが…

無期雇用派遣で検索すると、すぐにやめたほうがいい、技術なんて身につかない、使い捨てで安い給料で働かされるなどなど…

悪い印象ばかり検索で出てきてしまいます。

就活サポートYouTuberの全員が派遣と言う働き方を推奨していません。

私の持論になりますが、無期雇用派遣が嫌われるのは今のうちだけだと確信しています。

その理由も、最後の章でお伝えしますのでぜひ最後までご覧ください。

派遣社員のイメージは昭和で止まっている

派遣を未だに、雑用をひたすら押し付けられると言うイメージの人は多いのではないでしょうか?

正社員として責任の持てない、だらしない人間が派遣社員になると思われています。

確かに、社会人としてどうなのかと思ってしまう人がいるのは確かです。

しかし、それは正社員でも同じだと思っています。

そして、雑用を押し付けられるのは、昔よりは強要されにくくなっています。

あまりにも、技術力の向上しないような仕事ばかりを押し付けられると、派遣先の会社に意見できる派遣元が増えてきています。

それでも、技術力の身につかないことばかりさせられる可能性が高いのは派遣社員です。

私はそのような状況が発生する場合は、自分から積極的に仕事を作っています。

社内の会議の内容から必要なものを検討し、こんなことをやってみても良いでしょうか?と自分から発言します。

「派遣社員は黙っておけ」

そう言われる可能性もありますが、現代でこれはパワハラで訴えることができます。

派遣社員は黙って社員の奴隷になってるのは正とされているのはもう時代遅れです。

むしろ、派遣だからといって発言しないのはおかしいと言われる事がほとんどです。

なので、業務の雑用問題、奴隷扱い問題は敏感になる必要はありません。

自分の仕事の向き合い方でどうにでもなるのが派遣と言うものです。

しかし、派遣にも大きくわけて2種類あり、技術のいらない派遣はいまだに奴隷扱いされることがあるそうです…

技術がなければ奴隷扱い

無期雇用派遣だと少ないのですが、奴隷のような扱いをされる場合があります。

それは、技術があるのかないのかと言う差です。

例えば、何もスキルのない人と、パソコンで図面の書ける人が居たとします。

なんのスキルもない人は、体を動かす仕事ができるとしか予想ができません。

体が動く人なんて、ほとんどなので人材的価値がなく安値で派遣されて、稼げなくて体力的に辛い仕事に携わる可能性が高いです。

しかし、パソコンで図面を書ける人間はなかなかいません。

もちろん、パソコン業務なので体力がなくても問題なく、貴重な人材なので高値で派遣されます。

簡単に説明するとこんな感じなのですが、

悪い印象をネット記事に書いてしまう人のほとんどは、技術不足です。

いくら技術力を高めたい、責任のある仕事をしたいと思っても、ベースとなる技術がないと、

派遣される会社も戦力として数えることのできない人材はいりません。

技術がまったくない、派遣された先で技術を身に着けようという受動的な人にとっては、

ネットのイメージ通りの派遣仕事をやらされることになります。

技術がなければネットイメージ通りになる

派遣で働いていて、苦労した、派遣なんて最悪だと言うコメントをよく見ると、ほとんどが新卒入社の方や、スキルのない人であることが多いです。

なぜそうなるのかと言うと、技術が何もなければ、派遣できるところは誰でもできる雑用の仕事しか無いからです。

質問者
質問者
えっ…スキルがなくても大手で働けるって、派遣のメリットで聞くんだけど…
seisei
seisei
嘘では無いのですが…スキルのある人間と比較されてしまうと、どうしてもやりがいのある仕事にスキルのない人は派遣されない場合が、多いのが現実です…

私自身、正社員で6年間で色んなスキルを身に着けたので派遣先が無いという最悪など状況に立たされた事が幸いありません。

なので、スキルもなく色んな会社で働きたいと思い、無期雇用派遣にチャレンジするのはオススメしません…

まずはなにか、自分の中でスキルを身に着けてからでも遅くはありません。

オススメはCADで図面が書けると、派遣先はかなり広がります!

それでも、新卒で無期雇用派遣にチャレンジして成功している人もいます。

成功する人と、そうでない人の違いはどこにあるのでしょうか?

同じ無期雇用派遣で働いていて来た人10人程に聞いて、共通して成功する人の特徴があげられていたので次章で紹介します。

成長できるかは自分次第

正社員だろうが派遣だろうが、どんな環境でも成長できる人は成長できます。

志村けんさんの言葉でもあります。
「やるやつはどんな状況でもやってのける」

まわりの意見に流されず、自分の目標に突き進む人は成長ができます。

まずは、この考え方を頭にいれた上でこれから先の記事を読み続けてください。

無期雇用派遣の印象の悪さの一つに、雑用ばかりでスキルが身につかない、使い捨ての人材になってしまうなどの意見をよく聞きます。

では、正社員であれば雑用はなく、スキルが身につき、一生雇って貰える人材になれるのでしょうか?

おそらく、上記の神話を今でも信じている人は、派遣なんて働き方は怖くて手も出せないでしょう。

しかし、大手企業が早期退職を促す時代になっています。

果たして、一生雇って貰えると自信を持って言えるでしょうか?

結局、派遣も正社員もそんなに変わらないとは思いませんか?

同じ会社にずっといましたと言う人は、結局その会社でしか通用しない人間と見られます。

派遣であれば色んな会社で色んな経験ができ、コミュニケーション能力の実績として、色んな会社の経験を話すことができるでしょう。

確かに、正社員であれば大きな仕事の責任を任され、年齢相応の実績を積むことができるでしょう。

責任を自然と年齢が上がれば負わされ、半強制的に技術が身につくのは正社員のメリットでもあります。

私はこの正社員だから責任を負って残業でもなんでも自分の時間を犠牲にするのは当たり前という考え方が嫌で無期雇用派遣で働いています。

色んな会社で働けるからこそ、身につく技術もあり、時間に自由がある分、資格の勉強や読書をしてスキルを身につけることもできます。

さらに、雑用の中でもこのように効率化したらどうかなど、過去の派遣された会社の良いところを取り入れつつ、試行錯誤することで、派遣先の会社に対してメリットを与えることも可能です。

正社員、派遣と区切りをつけてスキルが身につくかどうかを議論している時点で間違いだと私は思っています。

しかし、成長できないという印象は派遣にはついて回ってしまい、印象の悪さに繋がっていることは確かです。

この派遣の印象の悪さには根本があることを、実際に派遣で働いてみてわかりました。

派遣の悪い印象の根本

では、無期雇用派遣かどうしても印象が悪い理由を3つ紹介します。

自分の働きたい所で働けない

転職サイトでのコメントの中で一番多いのは働く場所に関係ことでした。

「ITを学びたくて入社したのに機械設計をやらされる…」

「機械設計やりたいのに、建築図面のチェックをやらされている…」

自分の望む派遣先に行きたいけど行けない人が、

「派遣なんて最悪だ!」

とコメントしています。

必ず入社する前には、行きたい派遣先に行けるとは限らないと説明を受けているにも関わらず…

本当に自分の働きたい派遣先に行きたいのであればその会社で必要なスキルを身につければ、派遣される可能性は増えていきます。

実際、本当に行きたいのであれば、その会社に派遣されている人から直接話を聞けたりするのは、派遣の良いとこでもあります。

自分が行きたいと言っているだけでは、行きたい会社に派遣されるわけがありません…

それを行きたいと言うだけでなんとかなると思っていれば、確かに無期雇用派遣は、行きたい会社に行けない、雑用ばかりやらされると思っても仕方がないでしょう…

では、なぜそのような意見の食い違いが起きてしまうのでしょうか…

無期雇用派遣の営業は良い面しか説明しない

企業に人を入れるには、確かに良い面を全面的に押していくのは営業として当たり前です。

しかし、無期雇用派遣と言う働きたかには、良い面、悪い面の差があまりにも大きいと私は思っています。

営業トークに騙されて入社してしまったと言う人は多くいて、聞いていた話が違うとやめていく人が跡を絶ちません…

無期雇用派遣にはこんな営業トークがお決まりです

「大手企業で働ける!」

「派遣で働き、正社員として働くことも可能!」

「高いスキルを身につけられる!」

「未経験でも、大手で働ける!」

ひとつひとつの私の経験を踏まえて説明していきます。

〜大手企業で働ける!〜

私も無期雇用派遣に入社し、大手企業に派遣されています。

確かに大手企業に派遣される可能性は非常に高いです。

なぜかというと、派遣を雇うのにもお金がかかり、人件費に費用を出せる会社となると大手企業が多いです。

しかし、この「大手企業で働ける」と言う言葉には裏があります…それは

技術的スキルを持っている人

つまり、未経験でも大手企業で働けるのはほぼ嘘になります。

猫の手でも借りたいくらい忙しい大手企業だと新卒でも入社できたりしますが、自分から行動しスキルを身に着けない限り、永遠に雑用をやらされます。

〜派遣で働き、正社員として働くことも可能!〜
これはあまりありません…

派遣から正社員になって欲しいと言われる人は居ないことは無いのですが、ほとんどは派遣で忙しくなくなったら契約を切れるのがメリットなので、

そのまま、派遣で働いて欲しいと言われてしまいます。

派遣から正社員になった人もいますが、その人は派遣で、5年以上働いて、顔も広いからと言う理由でした。

なので、あまり広告のように、派遣から正社員になれるというのを表に出すのは私は違うと思っています…

〜高いスキルを身につけられる!〜

これは本当です!

派遣だからといって雑用ばかりのイメージですが私はそんなことありませんでした。

大手企業では、とても高いスキルを生かして働いている人がたくさんいます。

つまり、高いスキルが身近で見ることができる環境に身を置くことができます

自分のやってみたい業務があった場合は、会議などで積極的にこの仕事の補助をやらせてくださいなど発言していました。

そのおかげで、いままでやったことのない仕事ができるようになったり、設計技術が上がったりしました。

しかし、新卒の人、転職してきた人のほとんどが勘違いしているのは、入社した先で働いていればスキルがみにつくと思っていることです…

そんな訳ありません。

正社員だろうが、派遣社員であろうが自分から学ぼうとしない人はスキルなんで身につきません。

しかし、派遣社員であれば色んな会社で色んなスキルを身につけるチャンスが多いのは本当です。

正社員では、一つの会社でしかスキルを身につける方法がありませんからね…

このように、無期雇用派遣の営業トークには大きな裏があり、期待とは全く違う環境になってしまうことがあります。

どんな環境でも、自分の考え方、行動の仕方でいくらでもスキルは身につけることができます。

まずは、自分がどのような環境で、どんな人になりたいのかを良く考えてから、無期雇用派遣の働き方に向き合ってはいかがでしょうか?

ネットで調べた印象で、自分の未来を決めてしまうのはもったいないと思います!

最後に、私が思うこれからの無期雇用派遣の将来像を紹介します。

トレンドになる無期雇用派遣の働き方

派遣に対して悪いイメージしか持っていない人には考えられない事でしょう。

しかし、私は必ずこの無期雇用派遣が良い印象になり広がっていくと確信しています。

理由を一つ一つ解説していきます。

正社員を新卒で雇うよりも派遣を使う時代へ

現代ではAIが発達してきて、事務職の半分以上の仕事が奪われるという話は最近よく聞く話です。

その話の裏には、いかに人を雇わず生産効率を上げていくかを経営者は考えています。

つまり、新卒採用で正社員を募集するメリットが徐々に失われつつあります。

新卒で採用してしまうと、本人が辞めたいと言うか、犯罪を犯さない限り会社から離れることはありません。

そして、一から教育しなければならなく、最悪すぐに退職してしまう事なんて最近では珍しいことではありません。

せっかく高額のお金を払って新卒を雇ったにもかかわらず、ろくに仕事も覚えずダラダラ働かれても困ります・・・

すると、最初からある程度のスキルのある人材を雇い、いらなくなったら契約を更新しないという使い捨ての人材が必要になってきます。

スキルのある派遣社員を雇う流れになります。

人が欲しければ、未経験でも採用して教育して戦力になってもらうという時間を掛けている暇も人もいません。

昔は、景気も良く、人でも多く、教育する時間は十分にあったためたくさん正社員を採用しても痛くもかゆくもありませんでした・・・

現在では、即戦力を必要としている流れが非常に強いです。

この先、新卒採用よりも派遣を取ってしまい、その派遣社員の働きが良ければ正社員に引っ張るという、経営者には得しかない状況が普通になっていくと私は思っています。

ワークライフバランスがとりやすい

正社員で働いている方、最近定時で退社したのはいつですか?

自分は定時退社できていると言う方、自分の上司が定時退社しているのを見たことありますか?

おそらく無いと回答する人が多いと思います。

それは仕方のないことです…

今、課長や部長になっている人は残業して、家庭を犠牲にして会社に貢献した人が上に立っています。

今更、残業しないで家庭に長く居座れないような人も多いでしょう。

残業の少ない人は出世できないところだって今だに存在し、残業していないから頑張っていないと謎の刻印を押させることもあります。

かなり極端な話になってしまいましたが、要するに自分の時間を確保したいとか言っている時点で正社員として失格と言う風潮が今だにあるということです。

自然にワークライフバランスを犠牲にする人が存在し、仕事ばかりの生活で体調を崩したり、精神を壊してしまったり、離婚が増えているのが現状です。

それに比べて、派遣社員は気楽です。

定時で退勤しても何も言われません。

むしろ、言ってくるような会社はこちらから契約を切れば良い話です。

それでも正社員が良いと思う人は、是非正社員で働いてみてください。

自分の時間はある程度の取れますが、急な仕事が入れば残業が発生し、出世したら他の社員よりも早く帰ることが難しくなるでしょう。

質問者
質問者
えー?私の会社は正社員だけど自分の時間はしっかりとれてるよ?

そう、思う人もいると思いますが、果たしてどれだけの会社がそのような気楽な働き方ができるでしょうか…

私もこのような定時で退勤できる会社が無いとは思いません。

しかし、非常に少なく、ほとんどの人は自分の裁量で仕事を終わらせて定時で帰ることはできないでしょう。

仕事に専念していて、家族を持っている人には少し意外な話だと思いますが、給料が少なくても、家族と一緒の時間を増やしていほしいと思っている主婦の人が多いというアンケート結果もあります。


アンケート結果
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000047003.html

このように、仕事だけに専念している夫に不満を持つ主婦が増えています。

女性でも社会進出のしやすい世の中になった今、仕事ばかりしている夫よりも、家庭を第一に見てくれるような夫が求められています。

すると、正社員のような会社の言いなりが当たり前の環境にいることは家庭内の不幸を原因になりかねないでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

無期雇用派遣の印象の原因が少しでもわかっていただけたら幸いです。

実際に無期雇用派遣で働いている人の中には、綺麗事ばかり書いてると思う方がいると思います。

しかし、私は上記に書いた通りのワークライフバランスを無期雇用派遣で実現することができました。

そして、正社員だとすぐにやめてしまうという理由で、派遣を取る会社が増えていることも確かです。

賛否両論ある中、無期雇用派遣の悪い面イメージは調べるとすぐに出てきますが、良いところはなかなか出てこないものです。

実際に働いて感じるとこを書いていますので信憑性はあります。

無期雇用派遣について調べる参考になれば幸いです。

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・