サラリーマン知識

自分の市場価値調べ ~体験談~

ざっくり読みたい方は、スクロールして見出しと赤字だけを

気にして読んでみてください。

サラリーマン5年目に入り、ふと自分の今の仕事の実力が

社会の中でどのくらいのレベルなのか、通用するのか

調べてくれる機会を頂きましたの、その結果と感想を書きたいと思います。

ちなみに、私の職種は技術設計職です。

書類提出内容

まず書類を作成します。

書類の内容は以下の通りです

自分の職務履歴(転職などをしたのであれば、その内容も)

→自分が今までにしてきた仕事の内容を箇条書きで説明

業務の功績

資格内容

大まかに分けるとこの3つです。

面談で詳細を聞かれるので、書類上は

そんなに詳しく書かなくても問題ありませんでした。

おそらく、①を多少は詳しく書いておくべきです。

面談で聞かれるのは主に①の内容でした。

まぁ、職務履歴に関しては、人それぞれの為ここでは質問内容については詳しく述べません。

面談

自分の業種のベテランの人と面談をすることになります。

私の面談をしてくれた方は、技術設計職で40年働いているベテランであり、

派遣で働いていたため、様々な技術職に詳しい専門家の人でした。

どのようなことを聞かれたかと言うと・・・

なぜ市場価値を知りたいのか。

なぜ今の会社に入ったのか。

③これから自分は将来どのような道に進みたいのか

     →転職は視野に入れているのか

この3つです。

そして、

自分のキャリアを明確にするための表を作成しました。

それぞれの質問がどのような意味を持っていて

どう市場価値に繋がっていったのかを

私なりに、解説していきます。

①なぜ市場価値を知りたいのか

この質問の意図は市場価値を知りたい本気度を見ています。

面談は1時間ですが

聞いた話によると20分で終わってしまう人もいるそうです。

そう、つまり本気度が無ければ、簡単に終わらせられてしまうのです。

ちなみに私は1時間30分かかりました。

何となく知りたいだけではなく、

・会社が倒産してしまった時の転職軸を今のうちにつかんでおきたい。

・自分がこれからどのように成長しどのような技術者になれるのか

指針が欲しい。

・自分の会社での行っていいる仕事は市場に価値があるのか

など、

自分の目的を明確にするべきです。

②なぜ今の会社に入ったのか

なかなか難しい質問ですよね・・・

しかし、これも大切な事です。

・ 会社に入って自分のやりたい仕事ができているのか。

・ 就職競争の中で負け、自分のやりたい仕事ができていない状況なのか。

自分の仕事の力をどの方向に伸ばしていけばいいのかを判定していきます。

③これから自分はどのような道に進みたいのか

私的にこの質問内容の回答が最も大切に感じました。

ここで、自分の今の仕事内容を詳しく説明する時間があり、

その中で、自分の仕事内容に対して、今後先どうしていきたいかを回答しました。

自分を客観的に見てくれる人の前で、仕事内容を説明するのはとても大変でした。

普段、自分の仕事の事をわかってくれている人としか会話をしないため、

相手にわかりやすく伝える術が重要でした。

何度も質問されながら、説明を繰り返していると・・・

「ずいぶん難しい仕事をしている。そして幅広く業務をこなしているね!」

と驚かれました。

自分の仕事が、意外にも難しい仕事であると言われた時は少し嬉しくなりました。

一からコツコツ勉強して得た知識でも、

「こんな仕事誰でもできるよなぁ・・・」

と思ってしまいます。そう、自分の仕事に自信が無いのです・・・

この経験は私にとっておおきな学びとなりました。最後に解説します。

 

ここで、転職は視野に入れているかを問われます。

 

おそらく、市場価値を知りたい人のほとんどは、転職する人なのでしょう。

私は、多少考えているだけだったので、「考えていません」とハッキリ回答しました。

自分のキャリアを明確にする表作成

これは、本当にすごい表でした。

社外秘と書かれていたので貰うことはできませんでしたが、

箇条書きで書いてある内容をざっくり説明していきます。

① 高校、大学で学んだ知識の洗い出し →研究内容があると重視されます。
② 現在の仕事に必要な学問、知識など
③ 自分が独自で勉強している知識

本当にざっくりしていますが、こんな感じです。

この内容を表に蛍光ペンで引いていくと自分の今の実力がわかる表になっています。

これは、市場価値を聞きに行く会社によって多少は異なるようですが、

ほとんどは専門知識の洗い出しだそうです。

 

これで分かったのは・・・

 

どれだけ自分の仕事が基礎的な所しか使っていなく、

応用するような仕事はしていないという事でした。

 

ハッキリ言われました。

 

「あなたの今の市場価値はほとんどありません。」

 

いやぁ~頭殴られた感じがしましたよw

おれの今までの仕事って・・・

落ち込んでいると、とても重要なアドバイスをたくさんもらう事が出来ました。

今の仕事を突き詰め、自分からこんな内容を勉強していくとこのような知識が得られます。

などなど、どこでもやっていける知識をどこから学べばいいかなど、

詳しく教えてもらえました。

 

最後に・・・

この、市場価値診断は一度やってみることをお勧めします。

自分の仕事を客観的に見れるので、会社の昇進試験などでの自己紹介などで役に立ちます。

そして、何より自分の現在の立ち位置がわかるので、

もっと努力しなければと、モチベーションの向上につながります。

 

いま、自分の仕事に将来性を感じない、会社が倒産したら自分はどうしたら良いのかなど、

 

不安を抱えている方は、ぜひ一度市場価値診断、受けてみてください!

おまけ

ほとんどの場合、市場価値診断を受けるには、転職サイトに登録することになります。

私が市場価値診断を受けるまでの流れをきます。

①転職サイトに登録

     ↓

②転職担当の人と面談

     ↓

③キャリア診断を進めてもらえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・