サラリーマン知識

転職活動 初心者 体験談

転職1

転職を考えたきっかけ

みなさんの転職するきっかけってなんでしょうか?

私は入社5年目で転職を考えました。

転職のきっかけは、他部署でのパワハラ騒動です。

ケトルで沸騰したお湯をかけられた、蹴られたなどなど

この令和の時代にあるのかというパワハラの数々が露呈し

若手が4人くらい一気に辞めたのがきっかけでした。

この会社に未来はあるのかと考えてしまいました・・・

もう一つは、技術力の向上が望めないと思ったからです。

私の今いる部署はまだ新しく、技術を持つ人が少ないため、まだまだ若手の私が

自力で勉強して、ベテランの社員に新しい技術を教えるという環境でした。

自分より技術力のある人の下で仕事がしたいと考えていました。

まずネットから

CMでも見るような転職サイトに連絡して、実際にコンサルの人と面談をしました。

忙しい人は電話でも面談ができますが、

私個人の意見では、やっぱり実際にコンサルの人と会って話すのが一番良いと思います。

電話でも面談をしたことがあるのですが、伝わりづらい事も多く、真剣に話せない感じがしました。

転職サイトはたくさんあります。調べて探して、まずコンサルの人に会ってみてください

3社くらい転職会社のコンサルの人と面談をしましたが、やはりプロです。

うまく言葉にできないことでも、要約して拾ってくれるので思っていることを話しやすかったです。

転職先の多さにびっくりする

軽く面談を行い、自分の転職したい職種、自分のできること、場所などをまとめると

15分くらいでたくさんの求人を紹介してくれます。

コンサルの人に話を聞くと、求人の多さが今の自分のレベルの指標になるそうです。

この時点で思ったのは、

『!!例えいきなりクビになってとしても、就職先はたくさんある!!』

と、自信が付きました。

給料だけで見ていくと、やはり今の仕事場より低くなってしまう傾向にあります。

稀に、自分の年収+100万 くらいの求人が存在するのですが・・・

英語必須・・・

英語勉強しとくんだったなぁと少し後悔してしまいます。

コンサルの人によって意見が様々・・・

1社目の転職会社では、すこし悩みを話すとすぐに「それは転職しましょう」と言ってくる人でした。

自分の営業ノルマがあるのでしょうか・・・

しかし、とても親身になって話をきてくれて、転職した人の体験談などをたくさん教えてくれました。

私みたいに疑い深い人でなければ、

『転職すれば明るい未来が待ってる!』

と期待してしまうと思います。

2社目の転職会社では、意外にも転職をお勧めされませんでした。

いまでも驚いているのを覚えています。

あなたのいる会社はまだまだ成長できる会社だとアドバイスをくれました。

しかも、今の時点の技術力が日本でどのように通用するのかを教えてくれる面談まで

誘っていただきました。

3社目は話になりませんでした。

悩みを聞いてはくれたのですが・・・

自分の合わない会社ばかりをひたすら説明されました。

途中で用事が有ると言って帰りました。

まとめ

転職活動すると、自分の会社の良い点、悪い点がはっきり見えてくるので面白いです。

私の場合、給料面がかなり良かったです。

福利厚生も充実していることが、他の会社をみてよくわかりました!

 

もし、自分の会社に嫌気がさして辞めたいと思った時、いきなり「辞めます!!」と

伝えるのではなく、一度転職活動してみるのをお勧めします。

 

一通り、活動してみて、客観的に自分の会社を見たとき、

考えが変わるかもしれません。

 

それでも、やっぱり・・・と思った時、本気で転職活動していくべきだと思います。

 

 

 

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・