サラリーマン知識

コロナ禍で転職を成功させる方法(書類選考編)

どうも!seiseiです!

本当にお久しぶりです。

今回はこのコロナ禍での転職活動についての感想をお話したいと思います。

最初は、転職活動の第一関門である、『書類選考』についての私が実際に体験した感想と

経験から述べるアドバイスをお伝えできればと思います。

書類選考についての感想

驚くほど通りません。

転職エージェントの人は、10社書類選考に応募したら2社通ると言っていますが、実際に応募した私が言います。

20社応募しても通りませんでした。

通らなかった原因を私なりに原因を考えると、気が付いたことがありました。

それは、

エージェントの選んでくれたところにひたすら書類応募をしたと言う点です。

転職初心者の人のほとんどはエージェントの言いなりになっていませんか?

ある程度、自分の経歴を話しただけの人を信用しすぎてはいませんか?

コロナの影響で人員を削減する時代にどこの会社が適当に受かるかなーと思って応募しようとした人を

採用してくれるでしょうか?

普通に考えれば、何となく応募してしまう書類選考ほど意味のないものはありませんよね・・・

この事に気が付いた私は、書類選考に挑む心構えを変えました。

すると応募したとこから70%以上の確率で、面接まで行くことができました。

誰にでもできる方法であり、今すぐにでも実行できるので是非試してみて下さい!

書類選考を通す方法

1.自己分析を行う
2.応募する会社に対して作成した書類(職務経歴書など)の内容が、会社の応募要項に合っているか

これだけです。

いや、本当に。

二つだけ?と思うかもしれませんが、この二つの中にとても重要な意味を持っています。

まず自己分析です。

自己分析に関しては、こちらの動画をご覧下さい。

【必見】全社会人が今すぐすべき最強の自己分析術 – YouTube

 

別の記事でも書こうとは思っているのですが、この『自己分析』は転職活動する上で最も大切です!

なぜ自己分析が大切か、それは 給料をあげたいと思っているのに、楽な仕事を求めたり、残業時間を減ら

したいのに、残業ありきの会社に入社したりなど、ミスマッチが多く出てしまいます。

まず、あなたの転職の目的、軸はなんでしょうか?

よく考えてみてください。

自分の今の実力で会社に少しでも貢献できるビジョンが浮かぶのであれば、その求人の書類選考通過率は格段に上がります。

なんとなく、自分にこれならできるかな?程度であれば確実に落とされます。

こういう課題があるからこの部分に自分の今の能力を使え、会社に利益を産み出せる。

ここまで考えられる会社以外応募しないようにしてください。

この、会社にどう貢献できるかも、転職の軸を決めることで決定しやすくなります。

書類選考でも何度も落とされるとメンタルにきますからね…

最初に言ったように、未経験、未職種だとこのコロナ禍では内定取ることは容易ではありません…

○複数のエージェントに登録する。
最初は少しめんどくさく感じてしまうと思いますが、是非、比較検討してみてください。

と、言う書き込みなどは多くありますが、具体的にどうしたら比較できるのか説明していきます。

①電話面談を必ず行う
一昔前なら直接顔合わせするために、エージェントの会社にわざわざいかなくてはなりませんでした。

しかし、今ならリモートで面談ができてしまいます。

そこで、複数のエージェントと面談をしてみましょう。

親身になってくれるエージェント、話を聞いてくれるけどなかなか動いてくれないエージェント、具体的にアドバイスをくれるエージェントなど、様々なエージェントと出会えます。

その中でこの人だと思う人を探してから転職活動を始めると安心です。

実際に私も複数のエージェントに登録しましたが、やはり対応は全然違います。

②自分の求めている求人を紹介してくれているか

流石に、伝えられることを伝えきれていない状況では的はずれな求人を紹介されても仕方がありません。

ひとまず書類選考に受かるまでの私なりの方法を述べました。

はっきりいってしまうと、転職について解説しているYouTuberの方々の言っていることの寄せ集めです。

何100本もの転職にまつわる動画を見てきた中で私が実際に活動した経験からまとめたものなので信憑性は大いにあります。

是非、参考にしてみてください!

まずは、書類選考、クリアしていきましょう!

転職が無事に進みますよう願っております。

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・