夫婦円満の秘訣

夫婦円満になれない夫婦の特徴

みなさん、心から夫婦円満であると言えますか?

なかなか、言えないですよね…

フィリピン夫婦だとほぼ100%夫婦仲が良いと答えるそうです。

そして、私は堂々とyesと言えるくらいに夫婦円満です。

最近はウィルスのせいで普段家にいない夫がいるせいなのか、

家庭内暴力が増加しています。あまりにも酷い話過ぎて言葉も出ません。

なぜそうなるのか。

それは普段からの家族に対する生活態度の問題だと私は考えます。

私は夫の立場ですが今回は中立の立場として述べていきたいと思います

夫婦会話がほとんどない

まず、離婚する夫婦の前兆は会話が極端に減ることです

別に離婚とか考えていなくても、会話がなければ離婚に近い状態になってしまいます。

なぜでしょう。

会話がない=感謝を伝えない

この方程式が成り立ってしまいます。

妻にたいして、
「いつも、俺のパンツ洗ってくれてありがとう」

夫に対して
「いつも、早く帰ってきてくれて助かる。」

など感謝しているでしょうか?

仲の悪い夫婦はそれを忘れている傾向にあります。

逆に、会話が少なくても、感謝の気持ちを伝えているだけで自然と良い雰囲気が流れます!

第三者目線で見ると中が悪そうでも、ふとしたところで仲のよいところが見えてたりします。

さりげなく妻の荷物を持ってあげたり、夫の方に付いているごみを取ってあげたりなど、

当たり前にしてくれている事を当たり前とは思わず、感謝を伝えるようにしてみましょう。

普段、なかなかありがとうと言っていないと、

少し恥ずかしい気持ちになってしまうと思いますが、

勇気をもって伝えましょう!

 

お互いの悪い所の陰で言っている

結構、当てはまる人多いのではないでしょうか?

個人的な意見ですが、

夫の場合、飲み会が大好きな人ほど妻の悪口を言う人が多いです。

妻の場合、話の話題が大体人の悪口ばかりの人は夫の悪口を言う人が多いです。

 

言葉と言うのは不思議なもので、不満ばかりを言っている人は常に不満が心にあります。

しかし、前向きな意見を言っている人は、自然とプラス思考になり不満など無くなります。

 

確かに、人の悪口を言ってストレスが発散される人もいるでしょう。

自分が悪口を言っているという事は、どこかで必ず悪口を言われています。

それがもしかしたら、夫なり妻なのかもしれません。

 

悪口を言うという事は、その相手を下に見ているという事です。

 

夫婦であれば、どちらが上だとか下だとかを気にする必要は無く、

常に同じ目線で物事を話し合うようにしましょう。

 

優劣をつけた瞬間から、不満は発生していきます。

 

まず、悪口は口で言うのではなく心にしまっておきましょう。

 

お金の問題を妻、夫のせいにする

お金のトラブルで離婚することは珍しくありません。

子供がいれば、なおさら教育費などがかかる為、トラブルに発展することが多々あるでしょう。

そういうトラブルを夫、妻のせいにしていませんか?

最近の夫婦の財布を別々に管理して、

光熱費、通信費は妻、家賃は夫と支払いを分けている所が多いようですが、

ほとんどの夫婦は妻が管理していると思います。

 

そこで、お金の事でトラブルがあると妻の責任にされます。

すると妻は、夫の稼ぎが無いからこうなると言い返します。

これでは、泥沼化するだけですね。

 

お金の問題は、誰が悪いのかではなく、何が悪いのかを考えるようにしましょう。

人のせいにすることが一番簡単なので自然とそうなっていくのは仕方がありません。

しかし、そこで夫婦で話し合って解決方法を考える。

 

そういうお互いを尊重し合う事が最もお金のトラブルを防ぐ方法です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

夫婦のトラブルは上記3つから発生することが多いように私は感じています。

 

一生一緒にいる唯一の存在が妻なり夫となります。

それなら、お互い気持ちよく一緒にいるのが一番では無いでしょうか?

多少の嫌な所があっても、たくさんのいい所があればそんなこと気になりません。

 

もし、この記事を読んで、考え方を変えようと思ったらまずあなたから変化していってください。

途中であきらめてしまったら、そこで相手も変化できなくなります。

 

自己啓発本によく書いてある言葉があります。

~馬に水を飲まそうとするときは、水辺に連れて行くことしかできない~

そう。水を飲むと言う行為は馬が行動しなくてはなりません。

 

まず、あなたが水辺に連れて行くことを始めて下さい。

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・