サラリーマン知識

信じられるのは自分だけという時代へ立ち向かうための対処法

このコロナの影響で、自己責任能力がかなり必要になってきました。

 

コロナが流行る前は、早期退職という言葉が明るみに出てくるようになり、

終身雇用が夢幻になりました。

会社にいれば安泰という時代は終わりました。

 

コロナ流行後、自分たちを守ってくれていると思っていた国が、

明らかにおかしな政策を立て続けに発表し、

我々が声を上げたおかげでやっとましな政策に変わりました。

国は自分たちの財布事情の事しか考えていないと私は思います。

 

こんな状況です。今までに考えたことがあったでしょうか。

一生懸命に働いているから報われる。

税金を納めていれば国は守ってくれる。

 

いつまでもこんな夢物語を見ているようでは後悔します。

決して、一所懸命に働いたり、税金を納めたりすることをいけないと言っているわけではありません。

ただ、それだけだと生きていけなくなる可能性があると指摘したいのです。

 

では、どうしたら良いのか、私なりに考えてみました。

 

どの会社に行っても通用する技術を持つ、探す

今仕事をしている人は必ず何かしらの技術を持っているはずです。

その技術を、どこでも通用するレベルまで極めましょう。

出来れば、人に教えることができるところまで学べるとベストです。

 

「こんな単純で簡単な事が技術になるわけがない、1日でできるわw」

 

と、思う事もあるかもしれません。

 

しかし、その技術をあなたは何年もかけて取得してきたのです。

それを1日で教えて、自分と同じくらいの人を育てられる力があるのは

素晴らしいことです。

 

まとめると、即戦力になれるような技術を持つことが大切です。

会社に勤めて、仕事をして、お金をもらっている人なら必ず技術はあります。

 

今一度、自分を見直して探してみて下さい!

 

なかなか難しいと思う人は、どうしたら良いでしょうか・・・

 

転職活動をしてみる

転職コンサルタントの人に、自分の能力を判断してもらいましょう!

 

私も何度か転職活動を行い、経験してきましたが、

自分の仕事内容を詳しく説明するだけで、いろんな会社を探し出してくれます。

「こんな会社にも自分の技術が役に立つんだ!」

と驚くことが多くありました。

 

別に転職しなくても全然いいのです。

ただ自分の技術を客観的に見てもらう事で

極めて行くべき技術の的を絞ることができます。

 

このように、行動して、どこでも仕事のできる力を身に着けて行きましょう。

 

収入減を複数持つ

最低2つ以上は持ちましょう。

本業が止まってしまっても、副業で賄う事ができるくらいがベストです。

 

どんな仕事も安定なんて存在しません。本業同じです。

 

安定しないのなら、リスクを分散するためのもお金を稼ぐ手段を増やすしかありません。

 

「そんな時間は無いよ・・・」

「年齢的に厳しい…」

 

と思うかもしれません。

 

ちょっと小話を聞いてください

大成功した企業の上位のほとんどが副業から始めた仕事が大成功した例が多いのをご存じでしょうか?

ナイキの創業者は、会計士の仕事をやりながら自分の車のトランクに

ランニングシューズを詰め込んで販売することから始まり今の大企業になっています。

 

ケンタッキーの創業者は、65歳で起業し成功しています。

 

時間、年齢のせいにするのはあまりよくないのがわかりますね!

 

少しずつで良いのです。副業してお金を稼ぎましょう!

 

私は、このブログとYouTubeで副業をしています。

まぁ、まだうまい棒も買えませんけどねw

 

最後に・・・

なかなか大変な時代になって来たな・・・

そう思う人が多いと思います。しかし、決してそんなことはありません。

 

副業は自分の好きな事でお金を稼いで良いのです。

 

ものを作るのが得意なのであれば、ハンドメイド作品として売ればいいのです。

ゲームが得意なのであれば、ゲーム実況で広告費を稼げばいいのです。

 

今の時代を最悪の時代と考えるのか、むしろ自由な時代と考えるのか。

 

それは、自分自身の行動でどうにでもなる問題だと私は思います。

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・