サラリーマン知識

無期雇用派遣の働き方を選んだ理由

どうも!seiseiです!

このブログが有名になったら必ず聞かれるだろうなぁと思う記事を書いていきます!

タイトル通り、「無期雇用派遣の働き方を選んだ理由」です。

「派遣・・・」って聞くとぞっとする人がほとんどではないでしょうか?

安定していない、あまり大きな仕事を任せてもらえない、雑用ばかり任されそう・・・

あげたらきりがないくらいマイナスイメージが強いと思います。

しかし、私は安定していたM社の子会社をやめてでも、正社員を捨て、無期雇用派遣でメカエンジニアとして
生きていくことを選択しました。

おそらく、就活している人、転職を考えている人は必ずこの、派遣に関係した仕事を見つけたと思います。

派遣という響きだけで毛嫌いせず、是非無期雇用派遣という働き方を視野に入れてみてください!

普通の派遣と無期雇用派遣は何が違うの?と思った方はこちらをご参照ください。↓↓

派遣と無期雇用派遣の違いとは?

仕事がなくても給料は支払われる!

無期雇用派遣と普通の派遣の大きな違いです。

私には家族がいたので、ある程度安定した収入が必要でしたので、無期雇用派遣を選択しました。

ただ完全な安定ではありません。
給料の6割まで削られる可能性があります・・・(聞いた話ですが・・・)

つまり、仕事がなければ給料が4割削られるリスクがあります。

この話を聞いただけでも、まず無期雇用派遣の選択肢はなくなってしまいますよね・・・

もし、自分に合った仕事がなかったらどうしよう・・・どこにも派遣されない期間が怖い・・・

お気持ちはすごい良くわかります。

これは大きなデメリットであることは確かです。
しかし、このデメリットを感じさせないくらいのメリットがあると私は思いました!

自分の目指した「部長」という椅子に興味がなくなった

仕事を必死で頑張る理由の一つに「出世」があります。

新卒入社してから私は、

「部長になって1000万稼いでやる!」

なんて野望を持ちながら必死で仕事をしていました。

その時の私の「部長」のイメージは、みんなに慕われてて、仕事ができて、決断力があって、給料をもらえる人生の勝ち組という認識でした!

まぁ、現実は全然そんなことなく部長のさらに上の上司にいろんなことを言われ、それを下に流すだけ。
一週間会議だらけだったり、確認の印鑑をひたすら押したり。。。

たまたま、私の所属していた課は部長との距離が近く、部長の働きぶりがよく見えました。

将来あんなふうになるのかと思うと憂鬱でした…

バブル時代の時の部長とは違うのでしょうか…?

なぜあんなにみんな出世したがるのでしょうか…

自分で設立した会社の管理ならやりたいが、誰かの会社の管理なんてしたくない。

そう強く思い、出世、社長の椅子に興味がなくなりました…

技術が身につきやすいと感じた

会社にもよりますが、同じ会社にずっと居続けるだけでは技術力がかなり偏ります。

昔は一つの技術を極めていくことで、ずっと同じ会社で働いて給料をもらうことができました。

しかし、現代は同じ技術だけでは生き残ることが難しくなっています。

ひと昔前は、ガラパゴス携帯が主流でありスマートフォンはありませんでした。
ガラパゴス携帯がなくなることはないと思い、技術を極めていた人もいたと思います。

ほんの数年でスマートフォンが復旧してしまい、ガラパゴス携帯を見ることはほとんどなくなりました。

するとどうでしょう。ガラパゴス携帯をほとんど見なくなり結局生産中止になりました。

ガラパゴス携帯の技術を極めたエンジニアは路頭に迷うことになります。

つまりなにが言いたいのかと言うと、ひとつの会社にずっといることはリスクでしかないという事です。

何度も転職を繰り返すくらいなら、この無期雇用派遣の働き方でいろんなところに派遣される働き方が楽だと感じ

現在、無期雇用派遣で働いております。

自分の可能性を試して、広げてみたかった

派遣会社にもよりますが、この無期雇用派遣で働こうと思う人は自分の技術を伸ばしたいと前向きな人が多いです。

ひと昔前だと、派遣で来る人はサラリーマンとしてやっていくことが難しい少し変わった人が多いというイメージだったそうです。

実際、私の勤めている派遣会社の中にも変わった人はいるにはいました。

ほかの派遣会社の人の中には、派遣先を2週間でやめてしまうなんて人もいます・・・
(派遣されたタイミングが一緒の人だったので驚きました・・・)

いろんな人がいる中、自分の可能性を信じで向上させ、人間力を高めるために日々頑張っている人が多いのも事実です。

私自身もいろんなことを経験したいという気持ちが強く、新卒で入った会社での経験がどれだけ通用するのか試してみたい気持ちがありました。

意外にも自分の経験は無駄にはなることなく、しっかりと技術が身についていたことを実感することができました。

逆に、まだまだこの技術は足りていないなどわかる部分もあり、

次はこのような会社に行きたいと目標を立てて技術を付けていくという事ができるのも無期雇用派遣の面白いところでもあります。

自分の可能性を試したいと思う方はおすすめの働き方です。具体的に次で説明いたします。

技術力、人間力がないと辞めさせられる緊張感

技術力、人間力という言葉はこのサイトの中では何度も出てきます。

人間力とは?:コミュニケーション能力、人と円滑に仕事を進める力
技術力とは?:仕事を遂行する上で必要な知識

簡単に説明するとこんな感じですね。

今度この二つについての詳しい記事を書こうと思っているほど大切なことなので覚えておいてください。

さて、派遣という立場からこの2つのどちらが重要視されると思いますか?

答えは、「人間力」です。

私自身、技術力がないとすぐに辞めさせられてしまうものだと思っていました。

しかし、派遣で仕事をしていてすぐに契約を切られてしまった人の特徴としては、この人間力が不足していることが多かったです。

~seisei体験談~
最近私の派遣されている会社で、私と同じ派遣会社の若手メカエンジニアが2人契約を解除されました。

理由はコミュニケーション能力の欠如でした。
技術力に関しては少し足りていないくらいで、契約を解除するほどではなかったそうです。

私もその2人のそばで働いていたので仕事ぶりは知っています。
技術力が足りていないと感じていたのですが理由はコミュニケーションの問題でした。

そう、今回の事例から考察すると技術力を重視されているわけではないという事がわかりました。

上司の言ったことを理解ができるか、わからないところはすぐに聞けるか、
これから仕事をする相手と円滑なコミュニケーションが取れるか・・・

技術力だけでは生き残れないと感じた瞬間でした。

正社員で働いていると、はっきり言ってこんなこと気にすることはありませんでした。

入社してしまえば、犯罪を犯すようなことがない限り辞めさせられることもなく、たいした技術を身につけなくても居続けることができます。
(現代では早期退職などでやめさせられていますが・・・)

派遣であれば常に人間力、技術力を磨いて行かなくてはなりません。

なので、普通に働いている正社員よりも働く意欲が高いと評価されるのが派遣社員だったりします。

自分の実力が契約に反映され、技術となり積み重なっていくのを実感できるのはとても良いものです。

逆に、この2つが足りていないと契約解除という形で現れてきます。

自分の技術力、人間力を緊張感をもって高めていきたいと思うのであれば、是非無期雇用派遣をお勧めします。

いろんな人と仕事ができる!

最後に、私が最もこの無期雇用派遣に求めたことを書いていきます!

そう、いろんな人と仕事をしてみたかったのです。

新卒で入社した会社に6年ほど勤めていましたが、おんなじ人との仕事ばかりではっきり言って私はつまらなかったです。

私自身、いろんな人と会話をすることが大好きでその人がどんな人なのかを知ることに喜びを感じます。

最近の人は他人に興味がなく、なるべく新しい人と関わりたくないという人が増えていますね・・・

それはそれで個人の感想なので私は何も言いませんが、

せっかくならいろんな人と関わっていられる人生が面白いと思っています。

実際、無期雇用派遣の会社の研修を1か月受けただけでも20人以上の人といろんな話をすることができました。

転職回数7回目の人、監視カメラで仕事中監視され続けた人、別の派遣会社で働いていた人などなど・・・

自分が生きている人生の中で決して体験できないような話を聞きことができました。

多くの人と仕事をしたり、様々な経験を聞いていると毎日飽きません!

現在、正社員から派遣社員に変わりましたが今の働き方が一番自分には合っていると感じています。

最後にお伝えしたいこと

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでくれている方は、ほんの少しでも無期雇用派遣に興味がある人だと思います。

派遣という響きはあまり良いイメージを持たれないのは仕方がありません。

しかし、自分の性格に合っていれば正社員なんかよりもずっと充実した仕事ができると思います。

もっとリアルに無期雇用派遣の事が聞きたい方は、是非TwitterのDMお待ちしております!

ABOUT ME
seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・