サラリーマン知識

自分の仕事に不安を持った時の対処法

誰もが考えてしまうであろう、自分の仕事はこのまま続けていても大丈夫ですなのだろうかと…

なぜこのような感情が生まれてしまうのでしょうか。

そして、

どうしたらその感情を整理することができるのでしょうか。

考えていきましょう。

自分に自信がない

今の仕事、自信を持ってやっていますか?

ほとんどの人はいいえと答えると思います。なぜでしょう、

それは、言われた仕事しかしていないからです。

自分の考えで仕事に工夫を与えたことありますか?

自分の力でひとつの仕事を終わらせたことがありますか?

自分がリーダーになってなにか会社の利益になることを行いましたか?

自分で動いて成功したか体験は直接自信に繋がります。

小さな成功でも良いのです。

例えば、書類を入力する部分にすこし数式を入れて合計を出すのを簡単にはしたなど、

少しでも自分の力で誰かの助けになれたと言う実感が大切です。

 

仕事に将来性が見当たらない

最近、悩む人が増えてきたのではないでしょうか。

早期退職や40代リストラなどがニュースで流れ出すと、自分の部署が真っ先になくされてしまう…

すると、自分はどこにいくのだろう…

いまさら、別の仕事を覚えるのはつらい。

年齢的に転職なんて…

と、いろいろ心配になると思います。

結論から言うと、自分のスキルを見える化しましょう。

資格を取るなどして、自分のスキルをすぐに説明できるようにしておきましょう。

もしくは、自力で勉強してスキルを取得するのもいいかもしれません!

仕事に将来性が見当たらないならじぶんで切り開いていくのも面白いかもしれません。

将来性が見当たらないと思った時点でおそらくその予想は当たるでしょう。

しかしその予想はすぐには当たらないでしょう。

それなら、今から行動しましょう。

給料が上がらない。

まだまだ新人のころは、頑張ってはやく出世して、たくさん給料を稼ぎたいと思うでしょう。

しかし、3年も会社にいるとわかることがあります。

いくら頑張ったところで給料なんてほとんど上がらないという事です。

たくさんのデータを処理して、報告書を作成し、

プレゼントをがんばってプロジェクトを成功させても、

その辺にただ座ってねている中堅の上司よりは給料は下なのです。

納得いかないですよね笑

しかしこれが現実です。

年功序列なのです。

自力で稼ぎましょう。

会社ではあなたの言うたくさんの給料などもらえません。

最後に

どうでしたか?

まぁ、この記事を読もうと思ってくれた方は何かしらの行動を起こしていると思います。

もっと、良いアドバイスをくれるサイトはたくさんあります。

しかし、私のような本当に20代のサラリーマンの声はかなり信憑性があるとおもいますよ?

私が一番伝えたいのは、

今でもほとんどの会社が副業を禁止しています。

残業代も抑制しているくせに、絶対に基本給をあげようとはしません。

そんな、会社に100%得な状況があってよいのでしょうか?

わたしは、副業を推奨します。

会社、国が何とかしてくれる時代は終わりました。

現に、イベントを抑制させているのに、それの損失は国は保証してくれません。

そういうことです。

ABOUT ME
Seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・