サラリーマン知識

これからの新社会人に伝えたい事 ~その2~

研修1

もしよければ、

これからの新社会人に伝えたい事 ~その1~

を読んでこちらを読んでいただけると、

私の自己紹介、私の伝えたいことが良くわかると思いますので

先に、クリックお願いします!

さっと読みたい方は、見出しと赤字のみ読んでみてください。

早速、お伝えしたいのは、サラリーマンである限り人間関係の問題は

必ず悩むことになります。

私は、人間関係にずっと悩みつつも、私なりの解決方法を持っています。

これから述べるのは、私の考えであり、他の人が実行して人間関係が

円滑になるかどうかはわかりません。

しかし、一度実行し、試してみて下さい。多少の変化は必ずあります。

上司との付き合い方

サラリーマンである限り、上司との人間関係からは逃れられません・・・

上司とうまく仕事をしていくことができなければ、

なかなかつらいサラリーマン人生になるでしょう。

上司とうまく仕事をするには・・・

① 上司の良い所を探すよう意識する

② 上司から呼ばれたらはっきりと返事をする

③ 常に自分の仕事の連絡は上司を通すようにする

他にもいろいろあると思いますが、

私は、この3つを大切にしています。

一つ一つ説明していきます。

 

上司の良い所を探すよう意識する

一番大切です。

「第一印象」

クリックして、第一印象がいかに残酷かを確認してください。

見た目で55%、印象が決められてしまうのです。

私達日本人は、

目上の人=怖い人

と言う印象を学生の頃から植え付けられています。

先生に怒られたくないから頑張っている人が多かったのではないでしょうか。

最初から怖いと言う印象からスタートしてしまうと相手の悪い所ばかりに

目が行ってしまいます。

つまり、自分が悪い所ばかり探そうとしていると、相手にも同じことをさせてしまいます。

逆を言えば、

自分が無理やりにでもいい所を探そうとすれば、

相手にもその気持ちが伝わり、いい所を探してくれます!

 

体験したことありませんか?

怖い先生にふとしたことで褒められた時、

「あ、意外にいい先生かも☆」

と言う感情が生まれ、

その先生の授業が好きになったと言う経験。

 

あの人嫌だな・・・

と、思いながら仕事をするより、

 

あ、あの人そういう優しい面もあるんだ!

と、前向きな気持ちで人をみて仕事した方が楽だと思いませんか?

 

つまりそういう事です。

 

上司から呼ばれたらはっきりと返事をする。

意外にできてない人が多い。

小学校、いや、幼稚園からそういう教育を受けてきているはずです。

先ほどの第一印象の説明でも言われている通り、

第一印象の38%は声の大きさ、トーンで決まります。

 

私は、これを実行することで自分でも思っても見ないような得をしたことがあります。

入社1年目の研修生時代、

なかなか上司とうまくコミュニケーションが取れなく、

雑用ばかりを押し付けられ、同期は誰も手伝ってくれない、

そんな状況が続いていました。

そんな中、面識もない課長クラスの上司が

「お前ら、こんなに返事をしっかりする奴をこんな扱いしていいと思っているのか!!」

と周りを叱ってくれました。

いや、びっくりしましたね。

返事がいい欠点として、何でも仕事がまわってきてしまうと言うのがあります。

私はむしろそれは利点と考えていたので、喜んで雑用をこなしていました。

 

そうです、声って広がるんですよ。

別に面識のない人の耳にも届いてしまうのです。

 

常に良い返事をしておけば、見てくれている人は何かあれば助けてくれます!

これは、絶対です!

 

後々聞いた話ですが、その課長クラスの人はめちゃくちゃ厳しい人で有名で、

入社1年目の人に対して、そんなセリフを吐くのは初めてだったそうです・・・。

 

常に自分の仕事の連絡は上司を通すようにする

別に通さなくてもいいと言う上司も居ると思います。

しかし、その意見絶対にうのみにしないでください。

 

何かあった時、

「私は聞いてない、こいつが勝手にやった」

と、見放されたらお終いです。

 

今の時代、メールと言う便利なツールが存在します。

必ず、上司にもメールの連絡は見れるようにしておきましょう。

 

上司が送られてきたメールを消したところで

自分に送信履歴が残っていれば文句は言えませんよね。

 

そして、この常に連絡する最大の理由として、

「あなたを頼りにしていますよ❤」

と言う裏のメッセージが込められています。

 

上司が一番嫌なのは、

自分の知らないところで問題を起こされることです。

常にメールで仕事の状況を流して置けば、

自分で気が付かないところに気づいてくれて、

上司の方から、声をかけてくれます!

 

しかし、頼りすぎも良くありません。

自分で考えて行動するを80%

上司の相談するを20%

位の気持ちで仕事を通り組みましょう。

これくらいの割合で仕事をしていると、上司からは、

「仕事を任せると、大抵のことは完成まで近づけてくれるな~」

と、頼りにされます。

相談しすぎると

「自分で判断できないのか?」

と言われてしまいます。

 

頼られている部下に対して、嫌な感情を抱く上司はそんなにいないでしょう。

 

真面目すぎないこと

 

現在私は入社5年目の新人と中堅の間の立ち位置にいます。

多くの新人を見て、話してきましたが・・・

真面目な子がとても多いです。

 

いや、悪い事では無いのは確かです。

 

真面目過ぎて、言われたことしかできない人が増えています。

自分で考えて行動できない人がほとんどです。

 

仕方のない事だと私は思います・・・。

 

学校の授業は、言われたことができないと評価を下げられます。

右ならえ精神が色濃く残る日本では

そのような真面目な子供を量産してしまうのは必然だと私は思います。

 

しかし、現実は本当に残酷です。

 

学校みたいに仕事を丁寧に教えてくれません。

わからないことを聞いたら怒られます。

同じことを二度聞いたら怒られます。

教えてもらっていないのにできないと怒られます。

 

きっと、学校で真面目に勉強してきた人からするとびっくりすることばかりです。

私もそうです。真面目過ぎて怒られていました。

 

「お前みたいな真面目な奴は仕事教えたくないんだよなぁ」

 

何人にも言われました。

 

真面目を完全に捨ててはいけません。

しかし、真面目過ぎるのはやめましょう。

 

言葉で言うのは簡単ですよね・・・。

 

具体的に2つに分けて説明します。

 

自分の考えで動いても大丈夫!

真面目な人は、言われたことを言われたとおりにするのは得意ですが、

自分の考えで行動するのは苦手な傾向にあります。

その理由として、

「怒られたくない・・・」

これが一番です。

今の時代でも、学校は恐怖政治です。

 

言われたことができないと怒られます。

他の人と違う事をすると怒られます。

 

会社は違います。

まずこれを、覚えておいてください。

会社は違います。

 

むしろ、真面目に仕事をこなしている方が損することがほとんどです。

私が実際に真面目過ぎて損をした話を紹介します。

 

ある日上司に・・・

「プリンターの紙が無くなったから地下から取ってこい。エレベータは使うなよ。」

と言われました。

紙の束って15kgくらいありとても重いのですが、お客様の使うエレベータを社員が使うな

と言う謎の決まりがありました。

私は真面目だったので、階段を何回も上り下りして運んでいました。

しかし、後輩の子は・・・

なんと台車を持ってきて、エレベータで一気に紙の束を持って行ったのです。

 

「おいおい、怒られちゃうよ?」

 

って聞いたら

 

「いま、上司会議中ですからばれないですよw」

 

と、一回で私の持っていた量の4倍の紙の束を持っていきました。

 

その後輩は現在私の右腕として恐ろしい程成長しています

(私を超えて行くんだろうな・・・・)

 

自分の考えを持って行動しても良いのです。

むしろ、自分の考えで行動しないと、自分がつぶれてしまいます。

 

上司は親でも、先生でもありません。

会社の利益、もしくは自分の事しか考えていません。

そんな人のいう事をすべて聞いていたら、身体が持たなくなります。

 

立ち回りをうまくできるようにしましょう。

意外と身近に、上手に立ち回れている人たくさんいますよ(笑)

見本にして、真似してみて下さい!

 

サボれるところはサボる!

ずーっと真面目では疲れます。

学校では、真面目な人ってずっと真面目で居られましたよね。

なんでかわかりますか?

 

真面目でない人が怒られて、安心するからです。

その時に、自分のストレスが緩和されます。

真面目にやっていたから怒られなかったんだ・・・と・・・

 

社会人になると、真面目に仕事をしていても間違えれば怒られます。

サボらず頑張っても、結果が出なければ怒られます。

 

「いや、私はサボらずに頑張っていました」

と主張したところで、

サボっていた人の方が結果を出していればその人が評価されます。

 

真面目な人がまずやることは、サボれるところ、抜ける所を探してみましょう。

 

良いんです。よーく周りを見てみて下さい。

 

課長と言う立派な役職を貰っているにも関わらず、

ずーっとソリティアやってる人

居眠りばかりしている人

人を説教して仕事をやった気でいる人

 

そんな人になれとは言っていません。

でも、真面目過ぎると損をするという事は覚えておいてください

 

最後に

今の時代、大手企業に就職するだけでは安定ではありません。

終身雇用制度も崩壊し始めています。

早期リストラが流行っています。

私達が60歳になった時、年金なんて貰えないかもしれません。

 

会社、国は私達を一生守ろうなんて思っていません。

 

自分の居場所が今の会社だけだなんて思わないでください。

転職先なんてたくさんあります。

 

フリーランスで働くことだって可能です。

 

海外移住してのんびり暮らすのも良いですね!

 

必ず自分に合うライフスタイルは必ず存在します。

 

その中で、サラリーマンで頑張ろうとしている方を私は全力で応援します。

私もサラリーマンとして頑張りたいと思っています。

 

しかし・・・

いつ会社を辞めさせられるかわかりません。

いつ会社が無くなるかわかりません。

 

その時に備えて、

 

ブログ、YouTube、投資などなど、

自分でお金を稼ぐ術を身に着けましょう。

ABOUT ME
Seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・