サラリーマン知識

これからのサラリーマンのあり方~その2~

伝えたいことが多すぎて、分けることにしました。

その1はこちらから・・・↓↓↓

これからのサラリーマンのあり方~その1~

 

これからのサラリーマンは、

昭和生まれのサラリーマンのように

安心して人生を送れないと私は思っています。

 

大手企業に入って人生安泰。

年齢を重ねて行けば、給料がトントン拍子で上がる。

退職金で住宅ローン、車のローンを一括返済。

などなど・・・

 

今の時代どうでしょう?

同じことが言えるでしょうか?

 

ひと昔前は、銀行に入社できたら将来は安泰と言われてきました。

しかし、今はどうでしょうか。

 

そう、

同じ会社にしがみついて働く時代は終わったのです。

同じ会社からの給料だけで安心して暮らせる時代は終わったのです。

 

会社にいると思います。

ただ座っているだけで、

役目も与えられずにだらだらしているだけのおじさん社員・・・

20代、30代の社員より何十万高い給料もらっています。

 

こんな時代に生まれた新人サラリーマンはどう行動していけばいいのかを

今回は記事にしてみました。

 

お金を稼ぐ道を一本化しない

そう、本業のほかに収入を持つのです。

小さなことでもいいのです。1円でもいいのです。

稼いでみましょう。

「うちの会社副業禁止なんだけど…」

そんな事言ってる場合でしょうか?

会社にいて、給料は上がりましたか?

10年同じ会社に勤めてたからと言って、手取りで20万ももらえてない人なんて、

会社にたくさんいませんか?

そう、もう会社の給料だけでは生活なんでできません。

物価は上がっているのに、給料は下がっていく一方です。

一生一人でいるのであれば関係ないです。

しかし、家族を持っていても、手取り20万以下では、

子供に色々我慢してもらわなくてはならなくなるでしょう。

いまだに学歴社会が色濃く残るこの時代に、大学に奨学金で通わさなくては行けなくなります。

副業をしましょう。

ただし、労働ではいけません…

家にいてできる副業をする

まさか、コンビニ、Uber Eatsを始めようと思った方いますか?

あなたにできる体力があれば確実にお金を稼げる方法なので良いでしょう。

しかし、それを40歳、50歳になっても続けることができますか?

せっかくなら細く長く続けられ、パソコンがあれば、どこでも働けるスキルの

身に付く副業をしましょう。

私は最近、YouTube、ブログを始めています。

最初は全然稼げません。今もそうです。

しかし、スキルは確実に積み重ねています。

将来的に稼げるスキルを身につけていくことが大切です。

ブログでは、短い時間でも1500文字なら平均でかけるようになりました。

YouTubeなら、簡単な動画編集であればフリーソフトでできるようになりました。

つぎは、プログラミングでもやってみようかなと思っています。

今すぐにでもお金がほしいならバイトがよいでしょう。

急がないのであれば、家で働けるスキルを持ちましょう。

なに、学校?スクール?に通いたい?

お金を稼ごうとしているのにお金を払っていては意味がありません。

この時代、ネットで大抵のスキルの勉強はできます。

そして、本があります。

学校などに通い、受動的に学ぶのはスキルとして定着しません。

まず1年は自力でやってみましょう。

そして、自分の限界を見極めるのです。

最後に・・・

私の好きな言葉があります。

 

『習わんかったらできんのかい』

 

お笑い芸人のくっきーさんが美術大学の人に放った言葉です。

たまたまネットで動画を見ているときにふと見た3分の映像のなかで聞いた言葉でした。

 

くっきーさんは独学で絵を描き、美術展などを開くまでになりました。

 

そう、習わないとできないって自分で決めつけているだけなのです。

もう一度言います。

『習わんかったらできんのかい』

ABOUT ME
Seisei
どうも、seiseiです!メカエンジニアとして現役で働いてます。メカエンジニアを目指す若き人たちへ情報を発信しております。Twitterでは、メカエンジニアのリアルをつぶやいております・・・